のんびりおでかけ時々旅ブログ

写真を撮るのが好きなたーにゃのおでかけと旅の日記です

ぽかぽか陽気の春がきた!レジャーシートを持ってピクニックに出かけよう!!

f:id:tanico:20190409092409j:image

地域によっては桜が満開になり、日に日に暖かくなっていく季節になりましたね

お天気がいいとお出かけしたくなりますよね

春はたくさんのお花が咲いてきれいな季節

レジャーシートを持って電車に乗って気軽に公園ピクニックに行きませんか?

ピクニックの準備って大変そう

ピクニックって聞くと何だか荷物が多いイメージだったりしますよね

どんな準備していけばいいの?とか、なんか大変そう…などという声もよく聞きますし、私もそう思っていた1人でした

最近はおしゃれなピクニックも流行ってますし、そいういったサイトを見るとバスケットだったりクーラーボックスだったり、お弁当もかなり凝ったものを用意したりとかなり大荷物なイメージだし、車が無いと厳しいものもありますよね

でも、別におしゃれじゃなくても景色やのんびりした時間が過ごせればいいやと思い、難しく考えずに凝ったものではなくシンプルなイメージで1度やってみたら意外と荷物は少なくても楽しめてびっくりしました

私の場合、初めて行ったピクニックに持って行ったのは100円ショップのレジャーシートとウエットティッシュだけ

子供がいなかったのでお弁当は作らず食べ物は現地で調達しました

こんなお手軽ピクニックでもめちゃくちゃ楽しくて、また行きたい!と思いました

ピクニックに何を持っていく?

個人的な考えですが、公園や自然の中に出かけて、周りの景色や花を楽しんだり遊んだり、ご飯を食べてのんびりとした時間や楽しい時間を家族や友達と過ごせたらピクニックだと思っています

なので、100円ショップのレジャーシートさえあれば後は現地や現地に向かう途中で調達しても十分楽しめちゃうと思うのですが、年に数回行くようになるともう少し快適に楽しむアイテムが欲しいと思うようになりました

私は車の免許を持っていないのでピクニックに行く時は電車移動なので、基本は荷物が増え過ぎずかさばらないのを前提に、ピクニックをしてみて「これがあったら便利そう」と思ったものを試して少しずつ揃えていきました

人によってピクニックに行く頻度も違うと思います

私のように家族や友達とお花見の時にピクニックをしたい!とかなら年に数回です

ピクニックに決まった持ち物はなく、全てあったら便利なアイテムです

最初に全部揃えるのではなく、自分がピクニックに行ってみて「あったら便利」と思ったら購入を検討するのをおすすめします

私がピクニックに持っていくアイテム

前にも書きましたが、行く頻度は年数回で持ち物をあまり増やしたくないのが前提です

その上で持っていると便利だったり快適だと思って揃えた持ち物になります

おしゃれピクニックのような可愛いバスケットや凝ったお弁当アイテムなどはありません

電車で行って楽しめて大荷物にならない範囲のピクニックアイテムと持ち物を紹介したいと思います

レジャーシート

 私が持っているレジャーシートはコールマンのレジャーシートミニです

Coleman(コールマン) レジャーシートミニ ネイビー×ホワイト 2000030419
 

元々は100円ショップのレジャーシートを使っていたのですが、風で飛びやすいのとサイズが小さめで人数分何枚も持っていくのが荷物になって面倒だったので、ある程度の厚みがあって2人から3人くらいが座れるサイズで重たすぎないものを探して見つけたのがこのColeman(コールマン) レジャーシートミニ ネイビー×ホワイです

シンプルなネイビーとホワイトのストライプも飽きがこなくていいなと思った1つです

普段一緒に行く人数が2人から3人なので少しゆったり使えるように4人用のと迷ったのですが、4人用のは1kgあり2人用のミニは500g以下だったのでミニを買いました

あと、100円ショップでサイズ大きめ200円レジャーシートを追加で購入して、人数が3人以上になったら持っていくことで狭さを解消しています

それって2つ持っていくのだから荷物になるのでは?と思うかもしれませんが、100円ショップのレジャーシートは小さく折りたたんでも厚みが5cmくらいなのであまり荷物にはなりません

折りたたみテーブル

何度かピクニックをして欲しくなったのがこの折りたたみテーブルです

買ってきたご飯や飲み物をレジャーシートに広げると動きにくいし食べにくいなと行く度に思っていたのですが、テーブルは持ち歩くには荷物になるアイテムなので購入はかなり迷いました

まだトレーとかなら荷物にならないからと思って試したのですが、あまり変わらず…

悩みに悩んでコールマンの折りたたみテーブルを購入しました

購入の決め手は重さと安っぽく見えないバランスです

プラスチックの折りたたみテーブルは軽いけど安っぽく見えるのとバッグに入れることを考えるとサイズが大きめ

木のテーブルは可愛いけど重たいしお値段も高い

このコールマンの折りたたみテーブルは重さ1.4kgで大きさも約40×6×高さ26.5cmとギリギリトートバッグに入るサイズ!

見た目的にも天パンが木目調でアルミニウムだけどナチュラル感もあって気に入りました

実際使ってみたらとても快適になった!

f:id:tanico:20190411140535j:plain

まず足元に食べ物や飲み物を置かないので動いた時に危なくないし、なにか物を取ったり移動したりする時に動きやすくなりました

そしてなんと言っても食べやすい!

私達はお惣菜やおにぎりを買って行くことが多いので、レジャーシートの買ってきたお惣菜を並べるとなんとなく広がっちゃって食べにくいし取りにくかったのですが、テーブルだとパックが広がらないし食べ物も取りやすくて快適です

ピクニックバッグ

特に持って無くても困らないけど、ピクニックアイテムが全部入る大きさのバッグがあればお出かけの時も荷物が1つで楽だし、帰ってきてもそのまましまっておけて便利!

せっかく買うなら大きな物も入れられるように口がファスナーではなくガバっと開くタイプで、軽くて汚れたら洗えるものがいいなと思い色々探してみたのですが中々これ!ってバッグに出会えず諦めていたのですが、たまたま本屋さんで見つけたムック本の付録が理想的だったので思わず買っちゃいました

LOGOS 2WAY BAG BOOK (バラエティ)

LOGOS 2WAY BAG BOOK (バラエティ)

 

ムック本を買うまでLOGOS(ロゴス) というブランドを知らなかったのですが、日本生まれのアウトドアブランドでキャンプなどをする方に人気のブランドみたいです

そんな事とは知らずに手にとったロゴスのムック本に入っていた超ビックサイズの巾着付きギアコンテナバッグは素材も硬すぎずやわらかすぎず、マチも広くて使いやすい!

バッグの口の部分がファスナーではなく巾着タイプなのでガバっと広げて荷物の出し入れもしやすいし、底板を外せば荷物が少なくても持ちやすい

持ち手も長めなので荷物が少し外に出ても肩掛けしやすいですし、巾着部分を内側に織り込めば大きなトートバッグとしても使えます

このバッグを買ったことによって、私が普段持ち運ぶ荷物が全て入り、片付けも簡単になりました

実際持っていくものを入れてみました

ちょうど4人でお花見に行く予定があったので、その時の持ち物で写真を撮ってみました

f:id:tanico:20190411143111j:image

コールマンのレジャーシートミニと折りたたみテーブル

そして今回は4人なので100円ショップで買った200円レジャーシート(180cm×90cm)と荷物置き用の100円レジャーシート(90cm×60cm)も持っていきます

カバンに入れるとこんな感じです。

巾着部分は内側に折りたたみ、底板は広がりすぎて邪魔なので使用していません
f:id:tanico:20190411143134j:image

買ってよかったと一番思ったのは折りたたみテーブルが横に入ってカバンの高さから出っ張らない事です

レジャーシートは厚手なので筒状に畳んで縦に入れれば出っ張ってもそんなに邪魔に感じないけど折りたたみテーブルは横長なので出っ張ると持ち手のスペースが狭くなって持ちにくくなるのが心配だったけど、ぴったりなくらいすっぽりと中に入るので持ちにくくなる事はなかったです

これ意外にもひざ掛けにもなるストールや日傘や大きめタオルなんかを入れても余裕があります

汚れても雑巾で拭き取れば結構綺麗になるのでお手入れも簡単!

1つ難点なのは裏地がこげ茶色なので直射日光が当たるとカバンの内側が熱くなることです

私は日傘で回避しているのですが、最初に使った時はちょっとびっくりしました

保冷バッグや保冷剤

お弁当を作らずに近場でお惣菜を買ってから行くことが多いのですが、サラダやデザート飲み物などを直射日光から守るために保冷バッグを持っていきます

f:id:tanico:20190411143117j:plain

これも雑誌の付録だったものです

見た目より大きめなので重宝しているのですが、サラダなど大きめパックだとファスナー口のところが入れにくいのが難点ですが、持ち手があるとカバンとは別で持つことができるので便利です

f:id:tanico:20190411143129j:plain

もう1つは100円ショップで買った保冷バッグです

これは持ち手が無いので縦でも横でも好きな方向に使えて使い勝手がいいです

小さめの保冷剤も一緒に入れて持っていきます

紙皿と紙コップ、プラスチック食器

今回のお花見で初めて持っていったのが紙皿と紙コップ、プラスチックの食器です

f:id:tanico:20190411143121j:plain

すべて100円ショップで買いました

紙皿は大きすぎず少し深みがあるものを、紙コップも容量的には200mlくらいの小さめを選びました

持っていった枚数は紙皿が人数分、紙コップは人数の2倍の個数をジップロックに入れて持っていきました

紙皿なんて定番じゃん!って思うかもしれないですが、お弁当やお惣菜を買えばパックに入っているので今まであまり必要性を感じなかったのです

ただ、今回はおにぎりや色々なお惣菜を買ってみんなでシェアする予定だったので取り皿として紙皿があったほうが便利かと思って持っていきました

f:id:tanico:20190412003114j:plain

紙皿は思ったとおり便利だったのですが多めに持っていった紙コップがとても便利でした

本当はお酒を飲むかもと思って人数分の2倍持っていったのですが、実際は唐揚げや焼き鳥などシェアするものを串から抜いて入れておく食器として大活躍でした!

f:id:tanico:20190412005318j:image

 唐揚げや焼き鳥などは紙皿より紙コップの方が場所も取らないし2箇所に分けて置けたりと取り分けるのも便利だったので、人数分より多めに持っていくのをオススメします

紙皿や紙コップを全部持っていかなかったのは帰りの荷物を減らすためです

紙皿ぐらいと思うかもしれないですが、電車に乗って帰ることを考えたら持ち物は少しでも減らせたほうが楽だと思います

荷物をバッグに詰め込んでピクニックに出発!

先程折りたたみテーブルやレジャーシートを入れたバッグに保冷バッグと紙皿、ウエットティッシュを入れて準備完了!

f:id:tanico:20190411143125j:plain

お財布やカメラなどは一緒に入れず、ポシェットに入れて持って行きます

後は楽しむだけ!

f:id:tanico:20190412005443j:plain

春は日差しもぽかぽかしていて気持ちよく、お花もきれいでピクニックをするにはとてもいい季節

楽しいピクニックを過ごすのに少しでも参考になれば嬉しいです